プロフィール

yuji0517

Author:yuji0517
氏名、野崎雄二(YUJI NOZAKI)
経歴、1947年、新潟県生まれ
 1970年、早稲田大学政治経済学部卒
 1970~1994年、住友信託銀行
 1994~2014年、住信投資顧問(現三井住友トラストアセットマネジメント
 2014年、退職
30年余にわたり、株式のファンドマネージャーを続けて来た経験から、書き残してみたいものが、多々あり、ブログを始めてみた。
<初めて、読む方に>
左下の「過去の掲載記事のテーマ一覧」で、「初めに」に、ブログの全体像を、次いで、テーマ別に、頭に、目次を付けていますので、興味あるテーマを選んで、読んでいただけたらと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

アクセス数

過去の掲載記事のテーマ一覧

論文集

過去に記述した論文を、整理再編集したものと、新たに、書き下ろした論文集

RSSリンクの表示

リンク

このパソコンでのブログは、今回が最後(続)

加計学園と安倍政権・官邸(続)            2017、6、17

まだ、少し時間があるので、昨日の続きを書く。
新聞では、首相が参院予算委員会で、「加計学園問題で、具体的に指示したり、働き掛けをしたことは一度もない。」
山本地方創生相は「獣医学部の新設条件の修正は、自身の判断で修正した。」
萩生田官房副長官は、修正指示はしていない。」
嘘丸見えの記事が掲載されていた。
特区の担当は、内閣府で、官邸メンバーでは、安倍首相だけである。安倍首相を除いて、特区の内用に官邸が口を出す話ではない。
だから、萩生田官房長官は、指示をしていないと嘘をつかざるを得ないし、
山本地方創生相は、指示を受けてか、忖卓してか、代わりに私がやりましたと嘘をついている。
丸で、ヤクザ世界をみる様である。
親分の代わりに、私がやりました、と。

この後の展開は、どうなるのであろうか?
文科省役人に対する報復人事がはじまるのか、それとも、文科省と今治市民の団結により、加計学園の開校阻止までもっていけるのか?
都議会議員選挙で、「詩織さんレイプ事件」を表面化させることが出来るのか?
先は、全く判らない。

安倍首相の考え方は、軍国少年そのままで、且つ、身内主義である。
軍国少年は、岸元首相の刷り込みの影響かもしれない。
公私混同の身内主義は、どこから来ているのであろうか。

ところで、安倍首相と官邸陣は、一心同体なのであろうか。
官邸の動きをみていると、警察国家を目指しているかのように思える。
前川前事務次官に対するデートクラブ問題での脅し
詩織さんレイプ事件に関連したマスコミ支配
皇室への元警視総監の派遣・・・・等々
今回の「改正組織犯罪処罰法」にしても、前回の「特定機密保護法」にしても、まるで、警察(それも、公安)のための法律の様でもある。
警察国家は、古くはナチスドイツで、近年は、サダム・フセインのイラク、カダフィのリビアが典型であったが、今の、北朝鮮もそうであるし、現在、トルコは、それを目指している。
憲兵隊が跋扈した日本の戦前の世界も思い浮かんでくる。
今の官邸の動きは、それを目指しているかのようで、その不気味さには、背筋が寒くなって来る。



スポンサーサイト

<< 「タカタ」考 | ホーム | このパソコンでのブログは、今回が最後 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム