プロフィール

yuji0517

Author:yuji0517
氏名、野崎雄二(YUJI NOZAKI)
経歴、1947年、新潟県生まれ
 1970年、早稲田大学政治経済学部卒
 1970~1994年、住友信託銀行
 1994~2014年、住信投資顧問(現三井住友トラストアセットマネジメント
 2014年、退職
30年余にわたり、株式のファンドマネージャーを続けて来た経験から、書き残してみたいものが、多々あり、ブログを始めてみた。
<初めて、読む方に>
左下の「過去の掲載記事のテーマ一覧」で、「初めに」に、ブログの全体像を、次いで、テーマ別に、頭に、目次を付けていますので、興味あるテーマを選んで、読んでいただけたらと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

アクセス数

過去の掲載記事のテーマ一覧

論文集

過去に記述した論文を、整理再編集したものと、新たに、書き下ろした論文集

RSSリンクの表示

リンク

米国抜きTPPは、大賛成

             2017,11,12

新聞報道によれば
「米国を除く環太平洋経済連携(TPP)に参加する11か国は11日、大筋合意した新協定の内容と閣僚声明を発表した。」
とある。
「米を含むオリジナル版から、20項目を凍結する」と。

凍結項目をみると、
1、バイオ医薬品のデータ保護期間、著作権を死後70年以上に
2、国が企業への投資許可・合意に違反した際の紛争手続き等々
今までのTPPが抱えていた問題点を、ほぼ解消できそうである。

今までのTPPの問題点は
・ISD条項
・特許・著作権等での先進国の論理
・食料自給率
の3点である。
・ISD条項は、主権の喪失そのものである。
・命に直結する医薬品の利権を、あたかも当然の如く論じられていた。
・食料が自給できなくては、国が、保てない。現在、そんな国は、日本、英国、シンガポールくらいのものである。
(フィリピンや、産油国もはいるかもしれないが)
日本は、食料自給ができない国になって久しいが、更に、米国から、別枠輸入すると。丸で、貢モノのような話であった。)

TPP11か国には、大国がいない。貿易は、共存共栄があって、初めて、成り立つのである。
日本は、エゴを主張しない。だから、他の10ヵ国が信用したのであろう。
このまま発足して、米国が入ってこないことを願う限りである。
スポンサーサイト

<< 只今、本ブログ、遅滞・中断中。 | ホーム | 電気自動車や自動運転よりは、「自動運転停止装置」の普及、義務化が喫緊の課題。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム