FC2ブログ

プロフィール

yuji0517

Author:yuji0517
氏名、野崎雄二(YUJI NOZAKI)
経歴、1947年、新潟県生まれ
 1970年、早稲田大学政治経済学部卒
 1970~1994年、住友信託銀行
 1994~2014年、住信投資顧問(現三井住友トラストアセットマネジメント
 2014年、退職
30年余にわたり、株式のファンドマネージャーを続けて来た経験から、書き残してみたいものが、多々あり、ブログを始めてみた。
<初めて、読む方に>
左下の「過去の掲載記事のテーマ一覧」で、「初めに」に、ブログの全体像を、次いで、テーマ別に、頭に、目次を付けていますので、興味あるテーマを選んで、読んでいただけたらと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

アクセス数

過去の掲載記事のテーマ一覧

論文集

過去に記述した論文を、整理再編集したものと、新たに、書き下ろした論文集

RSSリンクの表示

リンク

独り言

本日のブログを書く前に、独り言

沖縄で発見の人骨の復元
「国内最古の顔」公開

沖縄県立埋蔵文化財センターが、石垣島の遺跡で見つかった、国内最古の約2万7千年前の人骨の顔を最新技術で復元し、公開した。
中国南部やベトナムなど南方系の人々の特徴をあわせ持っているという。

ちょっと待って欲しい。これでは、説明不足で、誤解されかねない。


ホモサピエンスが、日本列島(当時は、大陸とつながっていた)に来たのは、3~4万年前。
そして、間氷期に、大陸と分断され、1万年前に、永続的に切り離された。
それが、縄文時代人であり、狩猟(ごく一部)・漁労・採集で生き延び、縄文文化を築いた。
そして、紀元6~400年前後に、中国呉越を祖とする人達が、南朝鮮を経由して、日本に到着し、縄文人と混血して、弥生人となった。
沖縄本島の人達は、既に、本島と切り離されたため、混血少なく今に至っている。

日本列島は、石灰石が多いため、人骨はほとんど痕跡を残さない。
近年、石垣島で、2万7千年前の人骨が発見された。
そして、それを復元したのが、今回の記事である。
しかし、石垣島の地理を考えてみてほしい。
同島は、明らかに、台湾の縁辺であり、氷河期時代には、陸続きであった可能性が強いが、沖縄本島との間には、大きな海峡、断層に阻まれていた。
沖縄人は、言語からして、縄文時代人の末裔であると思われるが、
石垣島の遺跡の人骨は、別系統(台湾に近い)の人種であり、日本人の祖である縄文時代人とは、別種だと思われる。






スポンサーサイト

<< 米山新潟県知事の辞職 | ホーム | 五木寛之ー大谷選手ー才能と運ー運の格差ー確率⇒・・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム